COMPANY

〜強く厚みのある人生〜 「新生パラゴンの挑戦」についてお話しします。 規範、典型、逸品といった訳語となるパラゴン。 一九七二年に設立されたパラゴンが、その時代時代の模範、 逸品を生みだし得たかどうかは別として、 素晴らしい人々と才能に支えられ、今日のパラゴンがあることは紛れもない事実です。 企業として変えてはいけない事は何なのか、変えなくてはいけない事は何なのか。 創設者の一人である写真家・故 横須賀功光氏は「新しいものを追い求めることより、 自分自身が新鮮であり続けることこそ大事」と言い残してくれました。 この言葉はまさに、創作は「新鮮な人間力が全て」だという事に他なりません。 我々の会社が位置する「広告」という世界は、どのジャンルの業務を遂行するにせよ、 その中心になるのは「人間力」です。 一人一人の力量や個性がさまざまに組み合わされ、ぶつかり合って、 大きな力に昇華していきます。 この世界に身を置く我々にとっては、その業務遂行上、 最も魅惑的・魅力的な仕組みと言えるでしょう。 だからこそ「人材」が唯一無二の財産です。 高価値の人材がどれだけいるかによって、パラゴンの企業価値が決まるのです。 広告を取り巻く多種多様なジャンルの課題に関してまっすぐに対峙できる。 そんなスペシャリストが揃った会社を、私は理想としています。   制作という業務内容からは大きく踏み出して、幅広い企画提案力を武器にする。 メディアや流通などをも視野に入れた積極的な提案によって、 世の中に大きな波紋を投げかける仕事をして欲しいのです。 パラゴンの社員一人一人が、各人各様の個性や得意技を存分に生かしながら、 強く厚みのある人生を送ってくれることを願っております。 代表取締役社長 佐藤眞彰